黒い砂漠にはハイスペックPCが必要不可欠

2015年5月8日より正式サービスを開始した大作MMORPG「黒い砂漠」。早速ではあるが、本作でオススメする「ゲーム設定」をお伝えしようと思う。

まず「ゲームウィンドウ設定」では、全画面表示・全ウィンドウ画面・ウィンドウ画面の3項目があるが、比較的に快適な動作でプレイしたい場合なら全画面表示を推奨。ただし本作が推奨する動作環境以上のPCがある場合はこれに限らない。

次に「画面解像度」だが、これについてはお使いのモニターに合わせて、最適な設定を行っていただく必要がある。モニターが最適とする解像度以外を選択すると、動作不安定に繋がる事になるのでしっかりと調べておこう。

続いて「テクスチャ品質・グラフィック品質」について。これ等の項目では、基本的に≪HIGH≫もしくは≪VERY HIGH≫を推奨したい。というのも、これはあくまでも筆者個人の感想なのだが、本作のようにグラフィック面を売りにしているゲームにおいて、テクスチャ品質やグラフィック品質を下げてしまうとあまり価値が無いように思えてしまう。つまり、折角の綺麗な映像が台無しになってしまうのでは・・・という事だ。以上の理由から≪HIGH≫もしくは≪VERY HIGH≫を推奨。

最後に「最適化オプション」についても少し。この設定は注意書きにもあるように、低スペックマシン用の項目だ。本作の推奨動作環境以上のスペックを利用している場合は特に調整する必要はない。

PCショップ〝TSUKUMO〟のブランドである『G-GEAR』より、MMORPG「黒い砂漠」の推奨認定PC 2モデル(スタンダード・ハイエンド)が同日発売となった。これで、ほぼ全てのPCブランドから「黒い砂漠」推奨PCが発売された事になるのだろうか。

それはさておき、早速『G-GEAR』推奨認定PC各モデルのスペックをサクッと見てみよう。CPU:Intel Core i7-4790、メモリ:DDR3 8GB、チップセット:Intel H97 Express、電源:550W 80PLUS BRONZE認証。以上は、推奨認定PC各モデル共通の標準構成となっている。違っている点はHDDおよびGPUで、スタンダードモデルはHDD:1TB、GPU:NVIDIA GeForce GTX960、ハイエンドモデルはHDD:2TB、GPU:NVIDIA GeForce GTX 970が搭載されている。

本作「黒い砂漠」の推奨動作環境と合わせて見ても性能面で不足を感じる事は無いといった内容だ。ただしこの内容で満足出来るかと聞かれれば、答えは No だろう。少なくともハイスペックゲーミング用PCが必要不可欠になるからだ。だが、この両モデルはBTO可能なので心配には及ばない。また、こちらの『G-GEAR』推奨認定PCを購入した際に、「黒い砂漠」ゲーム内で使える特典アイテムが付いて来るそうだ。

正式サービスから間もないという事で、特典アイテム(馬)を持って出歩けば注目されるのは間違いないだろう。そう考えると、このスペックへの不満も多少なりと抜けるのではないだろうか。